春雨

雨が降ると落ち着く。特に春は。花粉症だから、雨が降ったときだけ窓を開けられるし、安心して深呼吸ができる。

前にも確か、雨が降ると安心する、というような文章を書いた気がする。雨の日は元気なふりをしなくていいから、みたいなことを。

最近よく思うのだけれど、今までの私は、あるべき自分の姿、こうありたいという理想の自分を、自分でも気付かないうちに演じてしまっていたんだと思う。だから疲れやすかったのかもしれない。

雨の日に家の中から雨を眺めるのが好き。ぼおーっとできる。テンション0でいられる。天気のいい日に日向ぼっこするのも好きなんだけど、雨の日も必要だ。

SixTONESの指輪

SixTONESを彷彿とさせる指輪を買った!

まずはこれ。六角形かつSの形!ツイッターで話題になってて、私も買っちゃった。Sの部分だけキラキラしてて可愛いの。

f:id:PUKEKO:20210306211048j:plain


次はシンプルに六角形!マット加工で。ゴールド系のシンプルな指輪、前から欲しかったんだぁ。さりげなく着けられてよき。

f:id:PUKEKO:20210306211110j:plain


最後はこれ!六角形のレインボームーンストーン

f:id:PUKEKO:20210306211131j:plain

私の大好きな松村北斗くんは6月生まれで、6月の誕生石はムーンストーン。ずっとムーンストーンの指輪が欲しくて、でもこれ!っていうのになかなか出会えなくて。

これはムーンストーンだし六角形だし、見た瞬間に、これしかない!!!って思ったよね。SixTONESジェシーと樹も6月生まれだから、この指輪を着けるってことは、3人と一緒にいられるってこと!!!

3つとも毎日着けてSixTONESを感じてニヤニヤしてます♪♪♪♪♪♪





今日のスト活

京本パパ回のブンブブーンを見た。京本パパおもろい…www きょもって本当にパパそっくり。お顔もキャラも。京本パパもかっこよくておもしろくて可愛い。そしてさらっと美味しいご飯炊ける剛くんかっこよすぎ!

きょもの沸騰ワードも見た。きょもすごい!お寺にも詳しくて、ハードな登山もできて、かっけぇ〜!あの指輪私も欲しい!近々絶対行く!

北斗の夜会も見た。北斗、鯵捌けるの!?やばい…。素敵すぎる…。周りの人がすぐ近くでトークしたりふざけたりしてる中、一人黙々と鯵捌いてた…。恋…。北斗が来てたペンギンのエプロン可愛すぎ。買う。

カムカムエブリバディが近々クランクインするらしい。北斗が大阪に来るってことだよね?何とかして撮影現場潜り込めないかな〜〜〜???笑

趣味

私の趣味はいろいろあって、かつ、波がある。ハマると熱中してそればっかりやるようになって、ある程度ハマったら満足してやらなくなって、しばらく経つとまたハマる、っていうのを繰り返す傾向がある。ということに最近気付いた。

プロフィールとか履歴書には大抵「趣味」の欄があるけど、昔からあの欄が苦手だった。学生の頃は部活のことを書いていたけど、大人になってからは何を書けばいいのかよくわからなくて。苦手な理由は、多分、私の趣味には波があるからだ。「趣味」ではなく「マイブーム」とか「ハマっていること」って表記にしてくれたらきっと書きやすいのに。

もしかすると「趣味」を難しく考え過ぎているのかもしれない。「趣味」というと、長年頑張っていることとか、高尚なものとか、何かすごいものを想像しちゃうのかも。もっとフランクに、「好きなもの」とか「マイブーム」「ハマっていること」くらいの意味で「趣味」を捉えてみる。

そういう意味での「趣味」と言えるものは何だろうと考えてみると、いろいろある。読書、音楽、ドラマ鑑賞、庭づくり、、、最近新加入したのはSixTONESとギター練習!これらの趣味たちの波が入れ替わり立ち替わり私に押し寄せて来るってイメージで、「趣味」の中にさらに「マイブーム」があるって感じ。例えば読書の波が来てるときは本当に一日中本を読んでるし、庭づくりの波が来てるときはずっと庭のこと考えてる。

今は何と言ってもSixTONESとギターの波が来てるよね。正確には、少し前までSixTONESのものすごく大きな波が来てて、今はちょっと落ち着いて、ギターの波が来つつある、って感じ。本当に、ものすごく大きなSixTONESの波に飲まれてて、盲目になってたのよ。でもちょっと落ち着いてきて、久しぶりにスピッツを聞いたらめちゃめちゃ沁みまして、やっぱりスピッツいいな、バンドかっこいいな、ってなって、ギターアンプを買って、アンプに繋いでギター弾いてみたらめっちゃ楽しくて、今ギターの波に乗りかけてるってところ。でも難しくて全然上手くなれる気がしない。

マイブームが来ると偏っちゃうことが多いけど、今はいいバランスで楽しめてる。ドラマ見て、SixTONES愛でて、本も読んで、音楽も聞いて。趣味のおかげてお家時間充実してる。主婦最高だなぁ。

コロナ禍で気付いたこと

コロナ禍で、自分を見つめ直す時間ができて、考え方を改めたとか、価値観が変わったとかいう話を聞く。

コロナ禍を経験して私が気付いたことは、私は人に会わなくても大丈夫な人だということ。

コロナ禍になってから直接会った友人は一人だけ。ずっと海外に行っていた子が帰国したとき。

いっとき、リモート飲みが流行ってたみたいだけど私は誰ともしてないし、電話すらしていない。誰かと連絡を取ったのは、結婚したとか子どもが産まれたとかの報告を受けたときと、遊びに誘われて断ったとき。笑

夫と住んでるし、パートには行っているから、本当に誰にも会っていないわけではないけれど、夫はコロナ前と変わらず出勤しているし、パートも減らされてるから、ほとんど家に一人でいる日々。それでも全然大丈夫。誰かに会いたいとか電話したいとか一切思わない。LINEすらしない。

テレビのインタビューで、早くみんなで集まりたい〜とか、飲み会したい〜とか答えてる人をよく見るし、芸能人が、毎日リモート飲みしてます〜とか、毎日誰かと電話してます〜とか言ってるのもよく見るけど、私には全くわからない。。。それが世間の声、みたいな感じの演出がされてるけど、本当に皆そう思ってるの???って感じ。

思い返せば、小学生の頃、私には本当の友達はいないのかもしれないと気付いたことがある。子どもの頃から本が好きで、一人でいることも苦じゃなかったから、よく図書室で一人で本を読んだり、帰り道に一人で探検したりしていた。周りにそんな子はいなかったけど、私は好きでそうしていたし、寂しいとは思わなかった。でも、一年生になったら〜友達100人できるかな〜を歌わされ、友達は多ければ多いほどいいという空気の中で、私は皆と違うのかもしれないと感じていた。

友達がいなかったわけではない。よく遊ぶ子はいたし、馬鹿騒ぎもしたし、青春っぽいこともした。大人になってからも、コロナ前は飲みに行ったりしていた。

でも、コロナ禍になって、誰にも会わなくていい状況になって、すごく楽だった。飲み会に嫌々行かなくてもいいし、誘いを断る理由も考えなくていい。コロナ前までは、ずっと家にいるなんて不健康とか、引きこもりとか言われがちだったけど、コロナ禍では、ずっと家にいることが善になって、誰にも会わないことが世界を救う行動になった。

正直、ずっとこのままでいいのに、と思っている。コロナが収まった後の一番の心配事は、延期されてる結婚式に行かなくてはならないこと。コロナ前から決まっていてコロナ禍になって延期された結婚式と、コロナ禍中に結婚した人たちの結婚式が重なって、結婚式ラッシュが来ると思う。本当に嫌だ。今から断る理由を考えたりしている。行きたくない結婚式なんて行かなければいいのに、と自分でも思う。でもいざ誘われると断りづらい。断る理由を捏造するのが苦しい。いっそ誘わないでくれ、と思う。私自身は家族だけで結婚式して誰も呼んでないんだから、誘ってくれるなよ。ここにも友達が多いことは素晴らしいという風潮の影響というか圧を感じる……。

ずっと家にいて何をしているかというと、本を読んだり、音楽を聞いたり、ドラマを見たり、SixTONESを愛でたり、、、小学生の頃と大して変わっていない。愛でる対象がKinKi KidsからSixTONESに変わったくらい。笑

コロナ禍になって、子どもの頃の自分を思い出したし、それが自分の本来の姿だったことに気が付いた。私って、子どもの頃から変わってないんだなぁ。周囲の空気とか、同調圧力とか、見栄とか、いろいろなものに影響されて、思い込んだり、無理をしたり、自分を偽ったりしているうちに忘れてしまったんだろうけど、本当の私はあの頃のまま。

私は、人に会わなくても大丈夫。むしろ人に会うのは面倒くさいと思っている。

私は、一人でも楽しく過ごせる。というか、趣味にはドップリ浸りたいので、一人で楽しみたい。

そして、私の一番の親友は夫。というより、親友と呼べる人は夫しかいない。夫が一番気が合うし、話していて楽しいし、趣味も近い。友達でもあり、恋人でもあり、家族でもあるので、夫がいてくれたらそれでいい。これはコロナ前から思っていたことだけど、コロナ禍になってより思った。

ただ、夫はSixTONESには共感してくれてないから、それが今後の課題。笑